生協役職員向け=長期休業サポート
 

 旧消費生活協同組合法(生協法)では、生協役員の生協や組合員、第三者に対する責任に関する規定や、組合員からの代表訴訟制度に関する規定はありませんでした。しかし、生協法改正後(2008年4月1日施行)は、組合員代表訴訟制度が導入される等、会社法の準用により、生協役員がその責任を組合員や第三者から追及されることが規定されるようになりました。

○2017年度はこちら 【PDF 1,672KB】

○2016年度はこちら 【PDF 2,650KB】

トップページ